【看板選びに困ったら…】商売運・ビジネス運アップ

電話でのお問い合わせはこちら
FAXはこちら 無料で24時間受付
フリーダイヤル0120-764-104

金看板と銀看板 商売繁盛・安全祈願にはどっちを選ぶ?

看板を風水からの視点で選ぶコツ

「金看板のエクセレント」では、建設業許可票に金看板と銀看板の二種類をご用意しております。金額的にも同一の金看板と銀看板。“どちらにしたらいいの?”とお悩みになられるでしょう。
「好きなお色」「以前の看板と同じ色」で選ぶことも重要ですが、やはり社運を賭けた看板ですから、商売繁盛・安全祈願を考慮しながらお選びになるとよろしいかと思います。
風水学的に分析をすると「金」は、金運アップのお色です。それ以外に「金」には、才能、新しいことへのチャレンジ、運のタイミングをつかむ、といった風水メッセージが込められています。

風水学的「金色」の効果・意味

金看板の効果・意味*金の持つ才能を開花させるパワーや発展的な事への後押しが、新しいことにチャレンジしたい時などに力強い味方になってくれます。
*成功の象徴として金が重用されるのは、なにも価値の高い物だからという理由だけではなく、金が持つパワーから生み出されています。
*金は良質なものをピンポイントとして使うことで人に良い印象を与えます。

では、次に金と同様に高価な物の象徴である銀は、金とどこが違うのでしょうか。銀の風水メッセージは、改革、才能、なりたい自分になれる。金と似たようなメッセージですが、違いがあります。それは、銀は一歩引きつつも才能を発揮させるという力があるところです。

風水学的「銀色」の効果・意味

銀看板の効果・意味*目立つことで能力を誇示するように発展性を生み出しますが、縁の下の力持ち的要素も含み効果を発揮させていきます。
*ビジネスシーンなどに使うと、控えめのなのに力となる存在を演出できるので、是非何かしらは身につけておくとよいお色です。
*銀は、信頼性を高めるお色なのでお客様との関係が密になり仕事運もアップしていきます。

金看板の人気が銀看板をやや上回る傾向

「金看板のエクセレント」の注文データを集計すると、金看板をご注文される方は約60%。銀よりやや多いという統計が出ています。やはり、金運アップの認知度が高いことが大きいと思います。
銀看板をお選びになる会社は、会社のインテリアとしてお選びになる場合も多くあります。会社の建物の雰囲気や壁紙などのお色とのバランスを考慮し、銀をお選びになられます。
金看板と銀看板と迷われた場合は、風水的知識を取り入れたり、インテリアのひとつとしてお選びになられてはいかがでしょうか。

知っておきたい建設業許可票「更新時」の注意点

商売繁盛・安全祈願として大きな力となる金看板・銀看板は、会社のシンボルとなります。建設業許可票は、建設業許可は取得して終わりではありません。許可を維持するためには、5年ごとに更新の手続きを行わなくてはなりません。
この時注意すべき点は、看板の更新方法です。時々、5年前におつくりになった金看板・銀看板にテープを貼り修正をし、そのまま使う場合が見受けられます。しかし、それはとても風水的には良くありません。
建設業許可票の更新時には、商売繁盛・安全祈願を込めて、運気の上昇の願いをこめて金看板を心を新たに作成してまいりましょう。新しい金看板・銀看板は、また新たなる向上のステップとなり、貴社様のお力になることと思います。

看板選びで安全祈願・社運向上

建設業許可が下りたら、まずは会社に建設業許可票(金看板)を掲示しなければなりません。
建設業許可票は経営能力や工事技術の経験、会社の財産的基盤等がしっかりしている証明。もちろん建築業界だけでなく、社会性信頼度も高くなります。会社の顔となる建設業許可票を知らせる金看板選びは、今後の社運が向上するようにお選びになることをお勧めします。